脱毛後のお肌の状態は、肌ケアによっても大きく変わってきます。
毛を処理するだけではなく美肌になりたいときには、ケア方法にもこだわるようにしましょう。

まず、脱毛を行った後には、肌への刺激を避けるケアを実践しなければなりません。
サロンやクリニックからは、施術直後に熱いお湯に入らないように指導を受けますが、それとともに洗顔方法や体の洗い方にも注意する必要があるのです。

施術を受けた後には、お肌も敏感な状態になっていますので、刺激を与えないようにお肌を洗うようにしましょう。
洗顔をおこなうときには、石鹸を充分に泡立てて顔を洗うことで、施術を受けた直後のお肌にダメージを与えずにすみます。
また、体の脱毛を行った時にも、タオルで肌をこするのではなく、泡を十分に立ててその泡で体を洗うようにすることで、お肌に負担を与えません。
タオルを使用して体を洗った場合、無意識のうちに力を入れすぎてお肌を洗ってしまいますので、手に直接泡を取って洗ってみるとよいでしょう。
これらのケアを行うことで、お肌に余計な刺激を与えずにすみますし、炎症が起こったり、色素沈着を起こしてしまうリスクを低くすることができるのです。

また、施術を行った後には、充分な保湿ケアを行う必要があります。
洗顔した後には必ず化粧品を使いますが、体については、洗った後そのままにしてしまう方も多くなっています。
ただし、施術を受けた後には、お肌が乾燥しやすくなっていますので、ボディジェルを使用してケアを行ってみましょう。
とくに、炎症を防止する効果のある成分が入っているジェルを使用することで、施術後の炎症を防止しながら保湿を行えるようになります。